着物通販サイトランキング

第1位 京都きもの市場

  • 良質な着物をリーズブルに提供する通販サイト

  • 豊富な商品ラインナップで和装全般をカバー

  • デリケートな着物を丁寧にメンテナンスするサービス

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

京都きもの市場に対するみんなの口コミ

友人の結婚式用に新しい振袖を探していたのですが、こちらで可愛い柄を見つける事ができました。思っていたより料金も格安だった...
仕事で着ている着物に調味料が付いてしまったので、メンテナンスサービスを依頼してみました。さすが着物のプロフェッショナル!...
通販購入はちょっと不安でしたが、届いた着物は非常に品質の良いもので杞憂でした。私はクレジットカードで購入しましたが、ほん...

欲しい着物が必ず見つかる商品数の多さ

日本の着物をどこで買うか迷った際は、京都きもの市場で買うのがオススメです。何といっても豊富な商品数が強みなので、必ず欲しい着物を見つける事ができると思いますよ。

第2位 いせや

  • 着物初心者をサポートする豊富なコンテンツが充実

  • 全くのゼロでも一から学べる美しい日本の着物知識

  • 一生に一度の記念撮影もお手頃価格で依頼可能

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

いせやに対するみんなの口コミ

娘の七五三を助けて頂き、本当にありがとうございました。サイズピッタリの素敵な着物をコーディネートしてもらっただけでなく、...
夏祭り用のカワイイ浴衣をこちらで買わせてもらいました。やっぱりネット通販サイトだと、扱ってる商品数が豊富なので欲しいもの...
単純に着物を買ったり着付けを学ぶだけでなく、「着物」そのものを文化的に掘り下げるスタンスが面白いですね。こちらで催されて...

これから着物を始める人に安心アシスト

興味があるけど敷居が高いイメージの着物着付けですが、いせやなら初心者向けの着付けサポートが充実しています。初めての着物デビューなら、こちらでサポートを依頼すれば間違いないでしょう。

第3位 きものさろん服部

  • 目的用途に分けられた多種多様な着物を販売

  • 販売だけでなく仕立てや加工もトータルで手掛ける

  • 着物購入はちょっと高くてもレンタルなら割安

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

きものさろん服部に対するみんなの口コミ

なかなか他のお店ではサイズの合う振袖が見つからなかったので、こちらの仕立てサービスを利用する事にしました。しっかりと寸法...
振袖セットコレクションがとってもお得でした。私は着物初心者でしたので、こういった一式セットは非常に助かります。草履や小物...
レンタル着物が便利ですね。一日しか着ない友達の結婚式で大活躍でした。注文してから家に届くまでもスムーズで、何の問題もあり...

こだわりのオーダー着物を丁寧に仕立て上げ

自分にピッタリの着物を手に入れるなら、きものさろん服部でオーダーメイドを依頼してみて下さい。経験豊かな職人による、高品質な着物を仕立て上げてくれるでしょう。

第4位 鈴乃屋

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

丁寧なサービスが安心の老舗着物サイト

長い歴史と伝統を持つ鈴乃屋では、着物全般に関する事を総合的にサポートしてくれます。着物購入や着付けを頼む際は、選択して間違い無い老舗だと言えるでしょう。

第5位 京都きもの町本店

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

カワイイ着物もここなら見つかる

豪華な着物も素敵ですが、日常生活やお祭りで着れるカジュアルな着物探しなら京都きもの町本店がオススメです。特に若者向けのデザインが豊富なので、夏イベント用に最適ですよ。

着物の始まり

袴の女性日本の伝統衣装として愛され続けているきもの。なんとなく昔からあるもの、というイメージはありますが、その始まりがいつ頃、どのような形であったかは知らない方も多いでしょう。まず、現在着られているような着物という形の衣装が生まれたのは、平安時代の頃だったと言われています。着物は、直線断ち(布地をまっすぐに裁ち、縫い合わせること)という方法で作られていることがその一番の特徴です。
平安時代に生まれた着物のこの形は、畳むのが簡単、同じ形なので何枚も上に重ねて着ることができる、などの利点があり、代表的な衣服として人々の間に根付いていったようです。重ねる着物の色の組み合わせを楽しんだり、階級を着物の色で表したりなど、「色」で何かを表現するという意識が生まれたことで、日本独特の多彩な色の感性もこのころから磨かれていったのかもしれませんね。
その後、着物は時代とともに少しずつ変化を加えながらも、基本的な形は変わらず、現代に受け継がれています。着物の始まりはずっと昔ですが、日本人がきものの文化を失くすことなく今日まで伝え続けてきてくれたことは、私たちにとってもとても嬉しいことですよね。始まりを知ると、きものという素敵な文化をまた少し身近に感じられるのではないでしょうか?

呉服店の歴史

後ろ姿の女性街を歩いていると、細い路地や商店街などに昔ながらの呉服屋さんを見かけることがありますよね。着物は通販やショッピングモールなどでも手軽に手に入れることができる時代ですが、そもそも「呉服店」と呼ばれるものの始まりは、いつ頃、またどのような形だったのでしょうか?
その歴史は古く、江戸時代であったと言われています。その頃始まった呉服商は、反物という生地をお客に売り、買った人自身で着物の形に仕立てる、という着物の販売の仕方が基本だったようです。また、その頃は掛け売りで販売することがほとんどであったため、料金が回収できずに倒産するお店も多かったようですよ。
その後、明治時代にかけて、有力な呉服屋が百貨店として形を変えますます成長を遂げていきますが、ご存知のとおり、その後の日本は洋装の流れに大きく変わっていきますので、今日まで呉服屋の数は減っている傾向にあります。
しかし、若者向けの呉服店や着物の通販など、着物の販売方法が多様化し、昔より気軽に購入できる場所も増えたため、着物は変わらず愛され続けており、日本の伝統文化としてこれからもいつまでもあり続けていくでしょう。それにしても、呉服店の起源が江戸時代まで遡ることには驚きですね。呉服店によって守られてきた伝統の詰まった着物を楽しんでくださいね。

着物の色と柄

正座着物ってたくさんの色柄があって、眺めているだけでも日本文化の素晴らしさを感じさせてくれますよね。そして、特に着物の柄には、それぞれに伝統的な名前や込められた意味があるのをご存知ですか?大きく分ければ、縁起が良いとされている「吉祥模様」、伝統的なモチーフである「古典柄」、季節を感じさせてくれる「花柄」などがあります。
お祝い事の席に門出を祝う気持ちを込めて鶴の柄の着物を着てみる、冬の終わりに桜の柄の着物で春を先取りしてみるなど、着物にさりげなく意味を込める奥ゆかしい表現の仕方は、日本ならではの素敵な文化ですよね。これまでただなんとなく見ていた着物の柄も、その意味を考えながら見てみると、また新しい発見ができるかもしれませんね。
また、赤は魔除けの色、紫は高貴な色など、着物はその色にも意味が込められています。帯との柄合わせを楽しめたり、着物と帯を同系色で合わせるか反対色で合わせるかによって全体の印象が全く違ってきたり、着物にはその人だけの無限の楽しみ方があります。自分が着ている着物の色柄の意味を知っていると、その良さをより深く感じることができますよね。日本人の素晴らしい感性が表現された着物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

着物の価格帯

微笑む女性着物に憧れがあって着てみたいけれど、なかなか踏み出せないでいる、という方の中には、着物って高そうでちょっと…という方も多いかもしれません。たしかに、高級なものであれば100万円以上するものもありますが、選び方によってはとてもお手頃な値段で買うこともできるものなのですよ。気軽に買える価格のもののひとつに、化繊素材の小紋着物などがあります。着物の通販などでは数千円で売っているお店もありますので、着物初心者の方や、気軽に街着として楽しんでみたい方にはとてもおすすめです。
同じくカジュアルなものでも、有名産地の紬や麻の着物などは数万円~高いもので数十万円と値段が上がりますので、化繊着物で慣れたら次に手に入れたいですね。フォーマルに着る訪問着、留袖、振袖などの着物も数十万円することも多く、手軽には手が出せないかもしれません。イベント事に着たいとっておきの一枚が見つかったら、ぜひ手に入れて大切にしたいですね。
着物の販売価格帯は、その素材や産地、染めや刺しゅうなどの加工により、ピンからキリまでさまざまです。価値に見合うものをきちんと見極めるには少し見る目も必要ですが、あなたの欲しいと思った着物が出しても良いと思える金額で手に入るのであれば、それが適正価格なのかもしれませんね。

▲ ページトップへ