着物を着たときの持ち物、メイクへの気遣い
2017.07.25

綺麗な女性着物を着た時、あれを持っておけば良かった!と持ち物に困った経験はありませんか?慣れない服装だからこそ、普段より少し持ち物に気を付ければ、いざという時に安心できるでしょう。
まず、着物の時に持つバッグは小ぶりなものがほとんどです。和装用のバッグか、最近では和装洋装の両方に対応できる物もありますよね。あまり大きいバッグだと全体のバランスが悪く、せっかくの着物姿も美しくありません。だからこそ、絶対にいる物を厳選して持ちたいですよね。着物でお出かけする時に絶対に持っておきたい必需品の一つは、ハンカチです。着物を着ている時は、食事をする時にも汚してしまわないか不安は付きものですよね。そんな時、大きめのハンカチを持っていれば、膝の上に広げて使うことができます。
また、帯が緩んでしまったり、襟元が開いてきてしまったりした時、そのハンカチを小さく畳んで挟み込み、応急処置として着物の着崩れを防ぐこともできます。手ぬぐいや風呂敷でもかまいませんので、なにか大判のものを一枚は持っておくと安心でしょう。また、普段、長財布など大きめのお財布を使っている方は、小さめの小銭入れにお金やカードなど必要な物を入れ替えてなるべく荷物を少なくできると良いですね。
そして、女性には欠かせないメイク道具も、なるべく荷物をコンパクトに収めたい着物でのお出かけの時は、厳選する必要がありますよね。メイク直しに必要なファンデーションや口紅など、最低限の物をえらびましょう。また、着物を着ている時はいつもより厚着で、汗を多くかいてしまうこともあるでしょう。そんな時にサッとメイクの上からテカリを押さえられるように、油取り紙を持っておくととても重宝しますよ。あまりかさばりませんし、特におすすめのアイテムです。
その他、持ち物に少し余裕があれば、着崩れた時に対処できるように腰紐を一本、足袋が汚れた時のための替え(雨の時は足袋カバー)などをバッグの隅に入れておけば、もしもの時にも落ち着いて対処できるでしょう。
着物を着る時の持ち物は、バッグはなるべくコンパクトに、入れる物は必要最低限の物だけを厳選することが、快適にお出かけをするためのコツです。泊まりなどでどうしても荷物が多くなってしまう場合は、和装用のサブバッグなどもありますので、着物と雰囲気の合う物を上手に選んで使うと良いでしょう。着物を着る時は、持ち物に少し工夫して快適にお出かけしましょうね。

▲ ページトップへ