冬の着物と防寒対策
2017.07.25

帯日本の冬景色に、着物はよく合います。でも、着物姿では凍えそうな寒い日もありますよね。衣紋を抜いた首元や、開いた袖口、歩くたびに冷たい風が入り込む裾など、着物は実は防寒対策の面では隙だらけです。洋服であればダウンジャケットを着たり、マフラー、ニット帽、耳当てなどたくさんの防寒グッズをまとう事もできますが、着物の場合はどのような対策ができるのでしょうか?冬に着物を着る時にできる防寒対策をご紹介しましょう。
まずは首元です。首元が暖かいと全体に体温が温まりますので、とても大切な所です。着物の時には、ショールやファーをかけましょう。また、洋服の時でも使える大判のストールは、着物の時でも大活躍しますよ。肩にかけてももちろん良いですし、座って足元が冷える時などはひざ掛けとしても使えます。首元にかける場合は、衣紋もすっぽり入れてしまえば、風が入らずとても暖かいですよ。
次に手元の防寒対策です。着物は、手首だけでなく脇からも風が入りますよね。襦袢の下に七分袖など長めの肌着を重ねるか、肘下から指先までをすっぽり覆ってくれる、ロングタイプの手袋をすればとても暖かいですよ。
最後に、足元の防寒対策です。着物を着た時の足元は特に冷えますよね。寒い日に草履を履く時は、足袋用のストッキング、インナー足袋などを重ねて履くことをおすすめします。また、暖かい素材のスパッツなどを肌着の下に履いておけば、足元に風が入ってスースーと寒くなるのも防げますよね。ちなみに、寒い日、特に雪道を歩く時などにはつま先部分にカバーが付いた防寒草履が重宝します。足元は最も冷えやすい所ですので、しっかりと対策をして、温かく過ごせるようにしたいですね。
その他、どうしても寒い時用に、カイロをバッグに忍ばせておけば安心かもしれませんね。ただし、冬でも外と室内ではかなりの気温差がある場合が多いです。着物の時にできる防寒対策をいくつかご紹介しましたが、基本的にはあまり着込みすぎず、その場所の温度によって調節できるような方法が良いでしょう。その点で、簡単に着脱できるストールや手袋などは、あればとても重宝しますよ。
カジュアルなお洒落着物であれば、耳当てをするのもOKですよ。寒い日でも、防寒対策をちゃんとすれば着物でのお出かけは快適に楽しむことができます。洋装用のグッズでも着物に合わせられるものはたくさんありますので、お気に入りの冬小物で素敵な冬着物ライフを楽しんでくださいね。

▲ ページトップへ